パイナップル豆乳ローション 成分

パイナップル豆乳ローションの成分解析※これ知らないと危険

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

『パイナップル豆乳ローションは安心して使える。』

 

『人気の商品だから大丈夫でしょ。』

 

と思っていませんか?

 

みんなが安全と言っているから大丈夫と考えると痛い目に合ってしまいます。

 

この記事では本当にパイナップル豆乳ローションが安心できる成分を配合しているか解析してみました。

 

パイナップル豆乳ローションの全成分

 

これがパイナップル豆乳ローションに配合されている成分です。

 

水、エタノール、ダイズ種子エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、豆乳発酵液、イリス根エキス、テトラヒドロピペリン、パイナップル果実エキス、ザクロ果皮エキス、パパイン、カルボマー、アルギン酸Na、BG、ペンチレングリコール、メチルパラベン

 

 

ただ、これだけ見ても、なぜ抑毛に効果があるのかわかりませんよね。

 

そこでパイナップル豆乳ローションの成分がムダ毛に対してどんな作用をもたらすのかわかりやすく解説します。

 

ダイズ種子エキス

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

ダイズ種子エキスはマメ科植物ダイズの種子から抽出して得られるエキスです。

 

ダイズ種子エキスに含まれているイソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするので男性ホルモンが抑制されます。

 

この効果によりムダ毛の成長を遅らせます。

 

そして、ダイズ種子エキスにはすぐれた保湿効果があり、肌にうるおいを与え、キメを整えて、肌本来の状態を保ってくれます。

 

アイリスエキス

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

アイリスエキスは、アヤメ科のアイリスという花の根から抽出したエキスです。

 

ダイズ種子エキスと同様にイソフラボンが多く含まれており、美白効果や抗酸化作用を持ちます。

 

ザクロ果皮エキス

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

ザクロ果皮エキスはザクロ果皮から抽出したエキスです。

 

イソフラボンと同様に女性ホルモン同じ働きをするので男性ホルモンが抑制されます。

 

また強い抗酸化作用を持つポリフェノールを含み、美肌、美白効果が期待できます。

 

豆入発酵液

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

豆入発酵液は豆乳の原料である大豆を乳酸菌によって発酵させることで生まれる保湿成分の一種です。

 

イソフラボンの抑毛効果だけではなく保湿効果でお肌に潤いを与えます。

 

パパイン酵素

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

パパイン酵素はパパイヤの葉に豊富に含まれる消化酵素です。

 

パパイン酵素は毛を生み出す毛乳頭のケラチンたんぱく質を分解させる作用を持ちます。

 

その効果により、毛根が衰えて、ムダ毛が細くなったり、発毛が抑制されます。

 

パイナップル果実エキス

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

パイナップル果実エキスはビタミンCを豊富に配合しており、抗酸化作用によって新陳代謝を高めてくれるため、

 

ターンオーバーの促進に効果を発揮します。

 

マンダリンオレンジ果皮エキス

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

マンダリンオレンジ果皮エキスは、マンダリンオレンジの果皮から抽出したエキスです。

 

肌に透明感を与える効果と角質のキメと艶を保つ効果があります。

 

エタノール

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

エタノールは高い殺菌効果をもつアルコール成分です。

 

皮脂や汚れを落とす効果が期待できますが、敏感肌で肌が弱い人には合わない可能性があります。

 

不安な方は使用前にパッチテストをやっておいたほうが無難です。

 

コスモペリン(テトラヒドロピペリン)

 

パイナップル豆乳ローション成分

 

コスモペリンは黒コショウから得られる天然の血行促進成分です。

 

有効成分の皮膚への浸透率を高めます。

 

パイナップル豆乳ローションの成分まとめ

 

ご紹介したようにパイナップル豆乳ローションは抑毛に効果が高い成分、

 

美肌に効果が高い成分をバランスよく配合しています。

 

ただ、過去にエタノール(アルコール)を配合した化粧品で肌トラブルを起こしたことがある人は注意が必要ですね。

 

パイナップル豆乳ローション半額キャンペーンはこちら

 

パイナップル豆乳ローション1本無料キャンペーンはこちら

 

パイナップル豆乳ローション 口コミはこちら