パイナップル豆乳ローション 使い方

パイナップル豆乳ローションの使い方と効果を実感するコツ

 

パイナップル豆乳ローション使い方

 

パイナップル豆乳ローションは使い続けるほどにムダ毛ケアをする頻度が減るので、

 

お手入れが楽になります。

 

ただ、使い方を間違えると効果が半減してしまうので注意が必要です。

 

この記事ではパイナップル豆乳ローションの効果的な使い方を紹介しています。

 

パイナップル豆乳ローションが一番肌に浸透する使い方

 

パイナップル豆乳ローションの効果的な使い方を解説します。

 

1、毎日一回、お風呂上がりに塗ります。

 

お風呂上がりはお肌が清潔で毛穴が開いた状態です。

 

そして、血行が促進されている分、成分の浸透が高くなります。

 

一回の使用料は、100円玉大です。

 

両腕とヒジ下で100円玉4つ分、両脇は2つ分の目安です。

 

パイナップル豆乳ローション使い方

 

パイナップル豆乳ローションはワキ、腕、顔、VIOラインなど全身に使用できます。

 

そして、口コミで紹介されているように夜だけでなく、朝も使うと効果を実感しやすいです。

 

2、ローションを手のひらに取って、お肌になじませるように塗り込みます。

 

除毛クリームでムダ毛処理した後で塗ると、ローションがより浸透しやすくなります。

 

ただ、ムダ毛処理にカミソリを使うと、お肌の断面が黒くなりボツボツしてしまいます。

 

同じシリーズのパイナップル豆乳除毛クリームを使うと、

 

お肌に余計な負担をかけずに除毛できます。

 

パイナップル豆乳ローション※使い方より大事なこと

 

パイナップル豆乳ローションの使い方は数分でできるので簡単です。

 

ただ、効果を実感するために継続して使用することが大切です。

 

口コミで効果がなかったという人がいますが、そういう人は使用期間がかなり短いです。

 

効果を実感できる期間ですが、これは人によってお肌の状態が違うので

 

一概に正確な期間は断言できません。

 

ただ、お肌のターンオーバーは28日から56日くらいなので、

 

最低でも二ヶ月は使わないと効果を実感できません。

 

皮膚の新しい細胞は、表皮の一番下にある「基底層(きていそう)」というところで生まれます。
それが徐々に上へと押し上げられて「角質細胞」になり、最後は「アカ」になってはがれ落ちるという肌の代謝活動のことをターンオーバーといいます。

 

なので、『あせらずに気長に継続する』。これがパイナップル豆乳ローションの最も効果がでやすい使い方です。

 

パイナップル豆乳ローション半額キャンペーンはこちら

 

パイナップル豆乳ローション1本無料キャンペーンはこちら

 

パイナップル豆乳ローション 口コミはこちら